あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



まりっくま さん

0人

登録はありません。

一覧を見る

プロフィール

  • 性別:女性
  • 年齢:27
  • 住所:長野県
  • 職業:主婦
  • 性格:気分のムラっ気が激しい。気難しい。
  • Blog:http://ameblo.jp/ameri1122
  • H P:

DIY・手づくりを始めたきっかけ
もともと、おうち大好きインテリア大好きだったので、インテリア雑誌を購入していくうちにDIYでもいろんなものが作れるんだと知りDIYの世界へ足を踏み入れました。
幼少から父が日曜大工をしていた姿を見ていたのも好奇心に触れていたのかもしれません(笑)

いつかやってみたいDIY・手づくり
マイホームを購入した暁には、DIYでお部屋を丸々自分好みのアトリエに作って行きたいです。

ひとこと
5歳の息子と2歳の娘のいる主婦です。

2016年の秋ごろに引っ越しをし、生活リズムが変わったのでDIYやハンドメイドなどは不定期にするようになりました。

多趣味故に、DIY以外にも 手芸、雑貨作り、フィギュアカスタム、DOLLカスタム・・・色んなことを気まぐれで同時進行しているので、作業スピードはゆっくりです。

いきなり上記の趣味が一定のブームでくるので、ブログを見ると「今はこれに嵌っているのか」と分かりやすい奴です。
≪今は忙しくブログは停止も同然((+_+))≫

ズボラなので更新は気まぐれなところがありますが、気が向いたらブログを覗いてくださるとうれしいです♪

木のシンプル全身鏡が石膏風アンティーク風に大変身
この作品をみた人閲覧数 34,595

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

旦那の独身時代からの持ち物の鏡。シンプルすぎて我が家ではお蔵行き状態でした。
このままじゃいかん!と思い切ってリメイクしちゃいました!
自分の好みに応じて臨機応変に作業ができるので楽しく作れますよ♪
作者: まりっくまさん
カテゴリー:簡単リメイク・百均・入門編

主な材料

  • 手を加えても惜しくない立て掛け全身鏡
  • 木かる粘土
  • 接着剤(ボンド・ウルトラ多用途SU等)
  • 適当にごつごつした質感の壁紙
  • ミッチャクロンマルチ
  • ラインストーン
  • つや消しペンキ(※ミディーグレーとブラック)

主な道具

  • ふで
  • スパチュラ(無ければ爪楊枝等)
  • 透明下敷きなど
  • マスキングテープ
  • デザインナイフ

Step1

BEFORE

まず下準備として凹凸のある壁紙を鏡のフレームの幅に合わせて複数枚カットして用意しておきます。

 

Step2

BEFORE

アバウトで良いので、先ほど切った壁紙をボンドでフレーム全体に貼っていきます。
後でカバーできるので、所々、隙間があっても大丈夫です。
ボンドが乾いたらフレームからはみ出ている余分な部分の壁紙をカットして綺麗にしておきます。

 

Step3

BEFORE

次にセリアでも簡単に購入できる「木かる粘土」にボンドを混ぜます。

※商品の半分以上は量を使うと思うので、この時袋に材料を入れて混ぜると簡単に混ぜれるかと思います。

Step4

BEFORE

写真はまだ少しムラがありますが、中部~下部にかけてのテクスチャになる様にボンドを調整して足していってください。

 

Step5

BEFORE

粘土を実際にフレームに塗っていきます。
この時、直接指で塗りつけると石膏の様な塗りムラが出しやすいです。
ここの作業で壁紙の隙間をカバーできます。
厚塗り、薄塗りと所々強弱を意識してあげながら塗ってあげるとのっぺり感が軽減されてワンランク上の仕上がりになりますよ!

 

Step6

BEFORE

フレームに塗った粘土を乾かしている間に、飾りのモチーフも作っちゃいます。
下敷きやクリアファイルなど透明で多少湾曲ができる素材の上で、余った要る気かる粘土を形成していきます。

ここの飾りはお好みのデザインでお作りください(*^-^*)
ネットなどで「モールディング 飾り」等のワードで色々な画像が出てくるので、参考になるデザインが見つかるといいですね♪

Step7

BEFORE

地道な作業ですが、ちょっとずつ形を作っていきます。
この際、粘土を足す部分に少量の水を付けてあげると、足した粘土が馴染みやすいです。
作業をしながらも、時々フレームに当ててみて、枠からはみ出してないか確認しつつ作業をしてください。

 

Step8

BEFORE

飾りづくりのポイントは、曲線は山の様に真上に向かうほど細くとがった形に形成して、カーブの際に遠心力に従って角度をつけてあげることです。
分かりづらいかも知れませんが、ひも状の粘土を指でつまんであげると山なりの三角ができると思います。それを飾りづくりで意識してあげてください。

細かい作業ですので、スパチュラなどご用意してあると作業が捗ります。用意できない場合は、使い勝手は劣るかもしれませんが爪楊枝など使うといいかと思います。

同じ要領で、フレームの四隅用にも飾りを作りました。
飾りを全部用意できたら、約半日しっかりと硬化させます。
下敷きなど透明な板を使用したので後ろ側から見ると、乾いた部分とそうでない部分で色が違うので判断しやすいと思います。

 

Step9

BEFORE

シッカリ硬化できたのを確認したら、フレームにボンドで貼り付けていきます。
この時、透明な板から剥がすときに少し板を湾曲させて飾りと板の間に隙間を作ってあげ、「」の工程の左側にある様な粘土ベラもしくは代用として同じように下敷きや定規などで優しく剥がしてあげてください。

最悪、飾りが割れても、ボンドで貼り付ける際に丁寧に位置調節してあげながらつければ悪目立ちはしないと思います。割れた境目が気になる様でしたら、水と木かる粘土をペースト状に混ぜて割れた境目にパテ修正の要領で塗ってあげるといいですよ!

Step10

BEFORE

次にラインストーンを用意します。
どうしても粘土だけでは限界があるので、メリハリをつけるために使用します。

 

Step11

BEFORE

ここもお好みのデザインによって仕上げ方が変わってきますが、私の場合はこの様に使用しました。接着に関してはボンドで大丈夫です。
ラインストーンもサイズをいくつか用意してあげるといいですよ!

 

Step12

BEFORE

次に鏡の全長の丁度中間となる位置に印をつけます。
更に印をつけた位置から端までの中間地点にも印をつけておきます。
これで片側3つずつ両方で6つの印が付きました。

Step13

BEFORE

先ほど使った下敷きなどの透明な板の端にマスキングテープを貼り、等間隔に印をつけます。
真ん中となる印の部分を先ほどフレームに線を付けていた位置に合わせておき、マスキングテープの印に合わせた位置でラインストーンをフレームに貼っていきます。

 

Step14

BEFORE

ちょっと見づらいですが、写真の丸の部分にラインストーンが張り付けてあります。
ラインストーンは「12」の工程で少し映っているセリアで売られているものがここでは丁度使いきれてお勧めです。

塗装の前に鏡の部分にマスキングテープをしっかり貼って養生しておきます。
テープが貼れたらラインストーンにミッチャクロンマルチスプレーをしっかり噴射しておいてください。

 

Step15

BEFORE

次に塗装をしていきます。
ここで大切なのが「ミディーグレー(つや消し)」のペンキを用意することです。
この色はまさに石膏に乾くと近い色なのでぜひ購入を検討してみてください。
その他に「ブラック(つや消し)」も用意してあると応用がきいていいです。

ミディーグレーとブラックのペンキを混ぜて「ライトグレー」のペンキを作り、全体に大雑把に塗っていきます。ここでは多少大目に塗料を作っておいてください。

Step16

BEFORE

次に先ほどのペンキのあまりにブラックを足して「ダークグレー」を作ります。
この色をポンポンと適当においていきます。

 

Step17

BEFORE

最後にブラックのペンキを塗ります。
ブラックは四隅や角、影をしっかりつけたい位置を中心に色を置いておくと仕上げに差が出ますよ!

 

Step18

BEFORE

下塗りが乾いたところで、「ミディーグレー」のペンキを塗っていきます。
最初は水でペンキを溶いて薄めて全体に塗ります。

Step19

BEFORE

次に同様の色のペンキをしっかり全体に塗っていきます。

 

Step20

BEFORE

次に、ペンキが乾かないうちにティッシュなどでポンポンと少し塗料を拭います。
こうすることでよく触れやすい部分と触れにくい部分とで陰影が自然に表現できます。

 

Step21

BEFORE

塗装が乾いたところで、さらに陰影をつけていきたいと思います。
判りやすい様にラインストーンの位置で説明します。

Step22

BEFORE

「ライトグレー」色のペンキを少量作り、水で溶いて薄めます。色水一歩手前位の薄め具合です。
それを筆などを使い、影となる部分にポンポンと置いていきます。

 

Step23

BEFORE

乾かないうちに、ティッシュで一回ぽんと叩いてあげてください。
そうすると悪目立ちしない陰影がつけられます。
多めの水で溶いている分、乾きが遅いのでシッカリ乾くまでなるべく触らないようにします。

 

Step24

BEFORE

乾いたところで、最近話題となっているセリアの「転写シール」を用意します。
私は「ヴィンテージ」という種類を用意しました。

Step25

BEFORE

これを鏡の右下に貼り付けます。これでデザイン自体は完成です!
鏡を立て掛けて使うだけの方はここまでで作業自体終了となります。

今回は壁に取り付けて使う予定なので、同じ用途の方はもう少々お付き合いください<(_ _)>

 

Step26

BEFORE

さて、壁に取り付けるために鏡上部に三角カンを付けます。
写真はセリアの三角カン(小)とホームセンターで売られている三角カン(大)です。
多少重量のあるものなので、ここではホームセンターの大きい三角カンを使用してください。

 

Step27

BEFORE

取り付ける位置に印をつけて、画鋲で穴を開けます。
鏡の構造上、力が入れにくくビス止めしづらいので、画鋲で穴は必須です!これだけで作業が一段と楽です。

Step28

BEFORE

次に足を撤去していきます。
鏡部分を下に向けて床に倒すことになるのでデザインの破損を防ぐために、鏡の部分に多少クッション性があるものを重ね、高さを出して地面との間に隙間を作っておきます。

余っていれば木材で高さを少し出して、タオルや段ボールで鏡の傷を防ぐという形が安定して作業しやすいと思います。

 

Step29

BEFORE

丁番を外して足を外したら、写真の位置の木材?がしっかり接着されていました…orz
全ての鏡がそうかはわかりませんが、カットする分には柔らかい材質ですので、剥がしにかかります。

 

Step30

BEFORE

全長のを三分割した位置でのこぎりで切込みをしっかり入れます。
横から1~2cmほど切込みを入れたらマイナスドライバーをその隙間に入れて・・・

Step31

BEFORE

てこの原理でえいっ!と剥がれました。
大きな音も出ない上、剥がすときの間隔は多少スカッとします(笑)

※写真で見ると分かると思いますが、木材は木材でも木の粉をギュッと圧縮した様な素材ですのでこの方法が出来ました。普通の木片ですと裏側の土台毎剥がれてしまうかもしれないので、その際は大変ですが地道にカットして剥がすのが一番いいかと思います。

 

Step32

BEFORE

見えない部分なので簡単なヤスリ掛けをしたら作業は終了です。
長々とお疲れ様でした<(_ _)>

 

Step33

BEFORE

我が家では玄関に設置しました!
宅配などの対応の直前に身だしなみが簡単に確認できるのは地味に助かります(笑)
全身鏡だと靴を含めてコーディネートを確認できていいですね(*'ω'*)

Step34

BEFORE

作業途中での画像ですが、上部はこんな感じの仕上がりです。

 

Step35

BEFORE

下部はこんな仕上がり。
一見すると正に石膏のような仕上がりです!まさか木の粘土で仕上げてるなんて思いもしません!!

この作品にまつわるストーリー

お金がなくても頭と腕は使いようです!工夫次第ですごく安く素敵なものが作れます!
それをモットーに、日々ケチケチDIYを精進しています。

今回のDIYはまさに死んでたものを蘇らせた。そんな達成感があります(笑)
本当にこの鏡は部屋の片隅に軽く埃をかぶる感じで眠っていたので、尚更ですね('◇')ゞ
全身鏡じゃなくても木枠の何かなら似たように石膏アンティーク風にリメイクできると思います!
材料も簡単に揃えられるので気軽に作れると思いますよ!是非、機会があれば作ってみてくださいね(*^-^*)♪

気軽にチャレンジ出来る割には、完成度はそれなりに見れる様な物ができたんじゃないかと|д゚)ソワソワ

この作品をみた人閲覧数 34,595 0 0
閲覧者からのコメント0件

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 saya*さん
Title 簡単♪キャスターつき木...
内容 家に余っていた端材を使い、子供のおもちゃ収納ボックスを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 キアさん
Title 卓上スピーカーを簡単ア...
内容 プリンターで布に印刷が出来るシートを使って、パソコン用卓上スピーカーにアレンジを加える事にしました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 kikorさん
Title 簡単!木材3本でベンチ...
内容 ダイニングテーブルにあうベンチイスが欲しくて、自分でDIYしてみました。なんと約1600円でできましたよ!ホームセンターで木材を買って切って貰い、組み立てるだけ!木材は余すことなく使えました^_^

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title DIY★簡単カーテンボ...
内容 ほんと殺風景で何もない部屋だったので、まずは以前にリビングにもDIYしたカーテンボックスをちょこっとアレンジして作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 mi-na☆さん
Title トイレを簡単リフォーム...
内容 トイレに腰壁を付けました!トイレ全体が明るくなったような気がします~♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ありさん
Title DIY♪端材で簡単★ベ...
内容 ベランダにウッドデッキも作ったし、イチゴの苗とかも買って来たので、今日は、ベランダにフラワースタンド?花や苗を置く棚を作りました★

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 akaneさん
Title すのこを使って隙間に簡...
内容 家にあった端材と使わなくなったすのこを利用して、ネジ・釘不要の簡単棚を作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 小福さん
Title 簡単窓枠DIY...
内容 組み立てた木枠に、裏側からアクリル樹脂の板を打ち付けて、窓枠を作りました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 みりさん
Title 超簡単♪お庭にもお部屋...
内容 お庭に背景がほしかったので板壁を作りました♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 makiさん
Title *簡単シェルフ*...
内容 このシェルフ、作るのもすごく簡単なのでDIY初心者の方にもオススメです(^O^)/♪

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop