あなたのDIYリフォーム術を投稿したり、日曜大工のやり方を検索できる、みんなで作るセルフリフォームSNS



CHA.BA.SHIRA さん

プロフィール

DIY・手づくりを始めたきっかけ
元々物を作るのが大好きだった。

いつかやってみたいDIY・手づくり
井戸掘り

ひとこと
マイペースで、基本的には記録も残さないDIYerですが、記録を残せたときには、こうやって投稿しようと思います。
読んで、「もっとこうした方がいいのに・・・」とか「ここはどうやったのかな?」などがあれば、コメントお願いします。

キッチンカウンターショーケース
この作品をみた人閲覧数 1,040

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

妻からの依頼で、キッチンカウンターショーケースを作ってみました。
作者: CHA.BA.SHIRAさん
カテゴリー:木工・工芸

主な材料

  • 杉板
  • ベニヤ板(3mm)
  • 針葉樹合板(9mm)
  • 木工用接着剤
  • コーススレッド
  • 蝶番
  • 取っ手
  • アクリル板
  • ブライワックス
  • 隠し釘

主な道具

  • スライド丸ノコ
  • 電動ドライバー
  • 丸ノコ
  • 金づち
  • サンダー

Step1

BEFORE

普段は、いろんなものがごちゃごちゃと乗っているキッチンカウンターです。

ここをきれいにして、ショーケースを置きたいと妻から依頼が入りました。

外出もできなくて、何かできることはないかと思っていたところなので、さっそく作っていきたいと思います。

 

Step2

BEFORE

以前に作った物を解体した杉板があったので、それを使って作っていきたいと思います。

ウレタンニスを塗ってあるのですが、それを裏面にして使いたいので、内側に薄いベニヤ板を使って、そこに杉板を貼り付けようと思います。

 

Step3

BEFORE

内側に貼るベニヤ板は3mmです。

本当に薄いのですが、杉板で強度が出るので、隙間から虫などが入らないための板、と考えて作っていきます。

丸ノコなどを使うと、断面が汚くなるので、のこぎりで切っていきます。

Step4

BEFORE

内側に貼るベニヤ板の準備が完了しました。

この板に杉板を貼り付けていって、その後で組み立てていこうと思います。

側面の斜めになっている所が難しそうですね。

ただ、この斜めな所が一番かっこよく見える所だと思うので、気をつけて作業していきたいと思います。

 

Step5

BEFORE

外側に貼るのは、以前に食卓をリメイクするためにウレタンニスで塗装した杉板です。

使わなくなって放置されていたものを分解して、再利用します。

サイズを測って、必要な長さにカットしています。

白い面ではなく、未塗装の面を使うので、白い面は接着剤が付くように紙やすりで削ってあります。

 

Step6

BEFORE

杉板の白い面とベニヤ板を貼り合わせました。

木工用の接着剤を塗って貼り付けるだけでは、部分的にしか付かなそうなので、隠し釘を使いました。

隠し釘は、頭にゴムが付いていて、その部分を金づちで叩くと針が折れて、釘が目立たなくなるものです。

接着するまで押さえていてくれたらいいので、隠し釘を使用しました。

Step7

BEFORE

4面とも板を貼り合わせます。

この面は、斜めの辺もあるので、まず板と貼り合わせて、くっついてからサイズを合わせて切り取ろうと思います。

まずはしっかりくっつくように接着剤を薄く伸ばして全面に塗り、隠し釘で圧着します。

 

Step8

BEFORE

くっついたら、余分な板をスライド丸ノコでカットし、箱型に組み立てました。

しっかりサイズを測って板を作っておいたので、サイズのずれはなさそうです。

ショーケースを2段にするために、ちょうど真ん中にもう1枚板を追加しました。

 

Step9

BEFORE

続いて、前面と後面のふたの作成です。

ガラスの方が雰囲気が出るのですが、重くなるのと、強度が心配だったので、PET樹脂の透明な板を使いました。

枠は木で作るので、25mmほどの板を用意します。

Step10

BEFORE

枠同士の接合ですが、45度にカットして合わせる方がかっこいいかなと思い、スライド丸ノコを使って45度に切りました。

手作業だとていねいに切ってもうまくいかないのに、スライド丸ノコだと最初に設定した通りにきれいに切れます。

 

Step11

BEFORE

初めにていねいに用意をしておけば、後は流れ作業をすればよくなります。

今回の場合は、右側に端材を取り付けて置いて、この板に合わせてカットすると、無駄なくきれいに45度にカットすることができるようになっています。

 

Step12

BEFORE

今度はPET樹脂の板を挟む部分を作っていきます。

これもスライド丸ノコを使います。

板と板で挟んで、刃が下まで行かないように調節すれば、枠に溝を掘ることができます。

Step13

BEFORE

前後にスライド丸ノコの刃を動かせば、溝の完成です。

手をケガする危険も感じないで、まっすぐな溝が掘れました。

ショーケース内が閉鎖空間になれば、乾燥することや虫などの侵入を防ぐことができればしっかりと使えるショーケースになります。

 

Step14

BEFORE

前面は1枚の扉で、上に蝶番をつけて開け閉めする形状にします。

1枚でも、PET樹脂がそのまま入っていると強度が足りないと思うので、間に補強用の板を入れておきます。

この板にも両側に溝が掘ってあります。

 

Step15

BEFORE

ぴったりと合いました。

まだ透明な板も入れていないし、蝶番も取り付けていませんが、雰囲気はつかめました。

目指すは昭和レトロな感じです。

駄菓子屋さんにありそうなショーケースの雰囲気になれば最高ですね。

Step16

BEFORE

蝶番を取り付ける場所です。

先に場所を決めて、棚にも扉にも印を付けます。

その部分を2mmほど掘っておけば、蝶番が目立たないし、隙間もできなくなります。

掘るのは彫刻刀を使います。

 

Step17

BEFORE

取り付け完了です。

本体と扉の間に隙間がなく、ぴったりとはまりました。

蝶番を取り付けるのが苦手で、うまく開閉できなかったり、ずれてしまったりするのですが、今回はうまくいったようです。

 

Step18

BEFORE

裏面は引き戸にします。

扉自体が軽いので、戸車などは付けず、そのまま動かすようにしたいと思います。

きっちりサイズで作ると移動させにくくなるので、5mmほど小さめに作っています。

Step19

BEFORE

目指せ昭和レトロなので、持ち手の部分も木を彫るだけにします。

彫刻刀を使って掘っていきます。

上と下は浅くて中央が深い障子などに使われているあれですね。

 

Step20

BEFORE

光の加減で浅く見えますが、そこそこ深く彫れました。

開け閉めには問題ないようです。

後は、扉が変な動きをしないようにする、上と下のレール部分を何とかしないといけません。

 

Step21

BEFORE

作成中の写真がありませんが、細くカットした板を本体に貼り付けて、枠にしました。

枠なしでは、扉が変な動きをすることがあったのですが、枠の中でしか動けないようになったので、戸車が無くてもスムーズに開け閉めできるようになりました。

Step22

BEFORE

これがPET樹脂の透明板です。

値段は前後両面分で1500~1600円ほどだったでしょうか。厚さは1mmです。

アクリル板より安かったと思います。

この板をハサミで切って枠にはめ込めば完成です。

 

Step23

BEFORE

塗装は、ブライワックスのラスティックパインを使いました。

まだ1度も使っていないのに、年季の入ったショーケースの雰囲気になったと思います。

ワックスを使うと、においがするので、数日は乾燥期間をとっておいた方がいいと思います。

 

Step24

BEFORE

早速4歳の三男がショーケースを飾ってくれました。

中身が全然思っていたのと違いますが・・・。

本人はお店屋さんごっこをするつもりのようです。

Step25

BEFORE

裏側です。

コロナウイルスの影響で、外出ができず、家で過ごす時間が長い毎日になっています。

我が家では私はDIYを楽しみ、子どもたちが作品で遊んだ後に、妻がお菓子を並べて楽しむ、というように家族で協力して楽しむようにしています。

 

Step26

BEFORE

表側です。後日撮影しました。

自由が少なく、窮屈な毎日が続いていますが、ここで気を抜いてふらふらと外出してしまったら、自分たちだけでなく隣に住む父母にも影響が出てしまうと思い、自宅で楽しむように工夫しています。

早くコロナウイルスの影響が収束し、好きなように行動できる日が来るのを待ち望みながら、DIYも楽しんでいきたいと思います。

この作品にまつわるストーリー

どんなものでも、自分で作るのが好きなのですが、人から要望があって作るのが一番楽しく感じます。自分のできることが、人の要望を叶えられるのがうれしいのだと思います。

ここにお菓子などが飾られていたら楽しそうなので、お菓子作りや並べるのは妻にお願いしようと思います。

この作品をみた人閲覧数 1,040 3 0
閲覧者からのコメント2件
1 お名前:ほたる 2020-04-22 06:40:59
パン屋さんみたい!とってもかわいいです!
2 お名前:CHA.BA.SHIRA 2020-04-22 20:23:39
コメントありがとうございます。

本当は、ほたるさんがされているような、
外回りのDIYが好きなんですが。

どんなものでも、作ってほしいと言ってもらえるのと、
作った物を評価していただけるのはとてもうれしく思います。

雑なので、細かい所でズレはあるのですが、遠目に見ると分かりませんかね。

閉じる…≫

コメントを書き込むにはログインが必要です。

その他のDIY作品

作者 まりっくまさん
Title 借家でも大丈夫♪入門編...
内容 ウッドデッキに興味があるもののハードルが高そうでなかなか一歩踏み出せずにいました。 そこでコンパクトな作りのものならハードルも低いのではと考えて作ってみました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 くぁwせるぱんさん
Title 多肉植物用ディスプレイ...
内容 少し前に作成したウッドフェンスを多肉植物が飾れるディスプレイ棚にリメイクDIYしてみました。 脚は単管パイプ(鉄管)と板はSPF1×4 強風でもびくともしない!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 パピママさん
Title ツル性専門の鉢カバー...
内容 培養土の袋のまま めろんの苗を植えるだけでは おしゃれでなく 木材でお洒落なカバーをつくりました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 CHA.BA.SHIRAさん
Title ヘキサゴンシェルフ...
内容 様式美に惹かれて六角形のヘキサゴンシェルフを作ってみました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title 自動でクローズ。土台突...
内容 愛犬の飛び出し/進入防止用のペットゲート。 市販の金属のものを購入したのですが、うまくサイズが合わなくてしっかり固定出来ず。 ジャストサイズはDIYの強味、ということで試行錯誤して自作を試みました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 PMA-5さん
Title カフェ板天板のテーブル...
内容 カフェ板(30mm厚でウッディなお店の床にありそうなやつ)を天板に使用して、簡単なテーブルをDIY。脚はSPF2×4。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 ishiyasuさん
Title カメラスタンド...
内容 テレワークが推奨されているご時世ですが、webミーティングの時に役立つカメラスタンドを作ってみました!資料にペンで記入している内容をみんなで共有出来ます♪

このDIY作品 を見る

no image
Before
After
作者 まりっくまさん
Title ごちゃごちゃもスッキリ...
内容 工具をポン。家庭菜園の道具もポン。一歳の子の手の届かないところにポン。 とりあえずが積もりに積もり玄関がとんでもないことになっていました。 暖かい陽気が続いてきたので思い切って片づけDIYしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title あると便利!簡単、すの...
内容 いつも視界に入る箇所じゃないからと後回しにしていた押し入れの中。 気づけば物を押し込んでいるだけで収納とは程遠い有様でした。 年末の大掃除を機に不要になったすのこを再利用して収納棚にリメイクしました!

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After
作者 まりっくまさん
Title 子どもと一緒に育つキッ...
内容 今年は出産に子ども達の入学・入園と、新生活の中あっという間に時が過ぎていました。 気づけば離乳食の時期。よくあるキッズチェアでは脱出するので工夫を入れたキッズチェアを作りました。

このDIY作品 を見る

BEFORE
Before
After

pagetop